耳鼻咽喉科 / アレルギー科 Diabetes mellitus

耳鼻咽喉科

耳鳴り・難聴・花粉症・アレルギー性鼻炎・いびき・睡眠時無呼吸症候群など、耳鼻咽喉科領域全般の診療を行なっております。耳・鼻・のどのことでお困り事等ございましたら、お気軽にご相談ください。

アレルギー科

アレルギーとは、ある物質に摂取もしくは接触した際に免疫が過剰に反応する状態をいいます。身体を守るための防御システムである免疫は、体内に入ってきた異物(細菌やウイルス)に対して抗体を作って対抗する働きを持っていますが、アレルギーは免疫が食物・ダニ・花粉など、本来病原性のないものに対して、特別な抗体IgEを作って過剰な反応を起こしてしまいます。

アレルギー患者は近年増え続け、いまや国民の三人に一人は何らかのアレルギーを持つといわれています。増加の背景には、環境の変化や食生活などが関係しているとされています。

アレルギーの原因

アレルギー反応を引き起こす抗原(原因の物質)のことを、アレルゲンと言います。アレルゲンは大きく分けると下記3つに分類されます。

  1. 食べるもの(食餌性アレルゲン)
    例:卵・牛乳・小麦・大豆・ソバ・ピーナッツ・魚類・甲殻類 など。
  2. 吸い込むもの(吸入性アレルゲン)
    ダニ・カビ・花粉などが含まれ、ぜんそくや花粉症の原因となります。
  3. 触れるもの(経皮性アレルゲン)
    蜂刺され・ゴム手袋着用などにより蕁麻疹、ネックレスなどの金属類や化粧品などにより皮膚症状が発生します。

アレルギー検査

アレルゲンの診断には、詳しい問診のほか各種検査が行われます。アレルギー検査には以下のように複数の方法があります。

アレルギー検査の説明